プルリPURURIの成分は何が入っているの?

ヴァージンプラセンタ原液配合の美容液プルリ(PURURI)はシミ・シワの集中ケアにモデルや美容外科医を中心に「濃厚な美容液」と人気を集めています。

 

 

でも、いくらバージンプラセンタ原液配合でも、気になるのは安全性についてです。この記事ではプルリの全成分について解説をします。また、妊娠中の人には気になる副作用はないのか?についても徹底解明していきます。

 

プルリの口コミが気になる人はこちらの記事をご覧ください

 

プルリ 成分

 

ぷるり(PURURI)の全成分

水、BG、ベンチレングリコール、プラセンタエキス、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール

 

 

プルリは他の化粧品に比べると配合されている成分の種類が少なく感じますよね。
では、一つずつ解説していきます!

 

成分は左から順番に配合されている量が多いですよ。

 

 

BG(ブチレングリコール)

 

保湿性や抗菌性に優れた成分で、無色透明で少し粘り気があります。グリセリンほどではないですが、水分を保持する力が高いです。サッパリとして刺激が少なくて安全性が高く、殺菌効果があるので防腐剤の役割も担っています。

 

 

ベンチレングリコール

保湿性と抗菌性があるので、ブチレングリコールと似ていますが、低刺激でさらっとした成分です。
特徴的なのは防腐効果が高いことになります。

 

プラセンタエキス

 

プラセンタは胎盤のことです。アミノ酸が豊富でその他ビタミンやミネラル、酵素なども含まれていて、お肌に良い栄養がたくさん入っている成分です。

 

PURURIで使っているプラセンタは厳選された畜産農家で育てられた豚から抽出された純度100%のヴァージンプラセンタを使っています。だから、コラーゲンの元となるアミノ酸が含まれる量が通常のプラセンタの20倍にもなります。

 

 

アミノ酸はなぜ肌にいいの?


 

 

お肌の真皮層の7割を占めているのがコラーゲンでそのコラーゲンの元となるのがアミノ酸です。
コラーゲンドリンクやサプリなどがありますが、コラーゲンを摂取するとアミノ酸に分解されてから吸収されます。


 

 

クエン酸Na(クエン酸ナトリウム)

無色無臭の結晶粉末です。主に成分の沈殿を防ぐ、酸化防止などの効果があります。

 

 

クエン酸

クエン酸Naと一緒に使うことでphの調整や成分が吸収されやすいように変化させて吸収させたり(キレート)作用があります。

 

フェノキシエタノール

防腐剤の役割があるアルコールの一種になります。アルコールですが、刺激が少ないのでよほどの敏感肌の方でない限りピリピリとした感触は感じられないと思いますよ。

 

 

プラセンタエキス以外は防腐剤や殺菌効果のある成分がほとんどですね。

 

 

プルリの無添加10種類

 

  • アルコール フリー
  • パラベン フリー
  • オイル フリー
  • 界面活性剤 フリー
  • 殺菌剤 フリー
  • 鉱物油 フリー
  • 合成香料 フリー
  • 合成着色料 フリー
  • 紫外線吸収剤 フリー
  • 旧表示指定成分 フリー

 

プルリの副作用は?

 

プルリ 成分

 

プラセンタ原液美容液の場合、お肌の浸透がは原料の安全性は欠かせないですね。
プルリは10種類の無添加でアレルギーテスト、パッチテスト済みです。

 

実はプルリの販売元のはぐくみプラスは妊産婦や子供向けのサプリメントなどを販売している会社です。デリケートな妊娠中や授乳中にも使えるように作られています。そして、医薬品レベルの品質・安全性を管理しているISOに準拠した工場で作られているので、安心して使うことができます。

 

ですが、万が一お肌に合わないことがあった時は、永久返金保証制度を利用することができますよ。

 

 

プルリはバージンプラセンタ原液100%のお肌のハリを蘇らせてくれる成分が入っている商品です。

 

可愛いピンクのボトルでスキンケアするたびに嬉しくなってしまいますね。

↓プルリの通販はこちらから↓

15140